レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージYoutuber・Streamer・配信者まとめ

レインボーシックスシージ配信者について説明とともにわかりやすくまとめました。お気に入りの配信者を見つかると思います( ..)φメモメモ。下のリンクからレインボーシックスシージ配信者のページへ。








『レインボーシックス シージ』(Tom Clancy`s Rainbow Six Siege)は、ユービーアイソフトより2015年12月10日に発売された、トム・クランシー原作の『レインボーシックス』を題材としたゲームソフト。略称は『R6S』。

アメリカ、ドイツ、ロシア、フランス、イギリスの特殊部隊から構成された対テロ特殊部隊「レインボー」の活躍を描く『レインボーシックス』シリーズの最新作[1]。本作ではタイトルにもある通りシージ(包囲作戦)という立てこもったテロリスト達に対しての突入作戦を題材にした対戦型のオンラインシューティングゲームになっている。

キャッチコピーは「包囲(シージ)完了。-突入開始」。

前作『レインボーシックス ベガス2』から7年ぶりの新作となり、シリーズで初めて第8世代の据え置きゲームハードに対応し、グラフィックは飛躍的に向上している。

メインとなるマルチプレイモードではオンラインで5人対5人の10人対戦が可能。テロハントモードでは、1人から5人でAI操作の相手に戦闘を行う。1人プレイ用のシチュエーションモードも用意されており、チュートリアル的な役割を果たす。シングルミッションは国際テロリスト「ホワイトマスク」と闘う全11ステージの構成となっている。

レインボーシックスシージには主に・マルチプレイ・テロハント・シチュエーション

の3つのゲームモードが存在する。マルチプレイはオンラインで最大10人のプレイヤーが戦うモードで、テロハントは架空のテロリスト集団「ホワイトマスク」を相手にミッションをクリアするモード。シチュエーションはチュートリアルのようなもので、それぞれ個々に設定された目標を達成するモードである。・マルチプレイ

レインボーシックスシージのメインコンテンツ。 オンラインでプレイヤー同士がマッチングし、5人の2つのチーム、最大10人で戦うモードである。

マッチングするとステージと対戦内容が選定される。プレイヤーは建物などの施設に立てこもる「防衛側」とそこに突入する「攻撃側」の2つのチームに分かれ、使用するオペレーターを選択する。使えるオペレーターは防衛と攻撃によって異なっている。また、1つのラウンド毎に攻守交代するため、一方のシチュエーションや同じオペレーターでプレイし続けることはない。基本は1チーム5人で構成されるが、意図的に人数を変えることも可能。ただし、通信エラーやオペレーター選択中に5人集まらなかった場合、それまでに集まった人数のチームで対戦することもある。

対戦は準備フェーズとアクションフェーズで構成される。準備フェーズ中の防衛側は、ガジェットやトラップ、バリケードを設置するなどして攻撃側の侵入に備えることが出来る。攻撃側はこのフェーズの間に無人偵察カメラ(ドローン)で敵地を偵察し、人質や目標、敵の居場所やオペレーターの選択などを特定する。

アクションフェーズでは攻撃側が突入し、防衛側がこれを迎え撃つ。体力の回復は特殊能力を使わない限り行われることはなく、死亡した場合もリスポーン(復活)はない。死亡し他場合はカメラなどで他のプレイヤーをサポートするか生存プレイヤーと同じ視点を見ることになる。ただし、即死判定(ヘッドショット)でなかった場合、瀕死の状態となる場合があり、その状態で一定時間が経過すると死亡が確定する。その間、追い打ちをかけて死亡を確定することも可能であり、仲間による蘇生も可能[2]となっている。

マルチプレイのゲームモードには、・人質・爆弾・エリア確保

の3つがある。それぞれ達成条件が違い、また攻撃側、防衛側でも目的が異なる。しかし、全てのゲームモードで敵の殲滅もクリア条件であるため、目的を達成するための行動に出るも、敵を殲滅する事に力を入れる事もプレイヤー次第である。・人質

建物内に捕らわれた人質を救出又は妨害するゲームモード。攻撃側・・・・・・建物内にいる人質を見つけ救出する。建物外の回収エリアまで人質を連れて行くか防衛側の全滅をすることで勝利。防衛側・・・・・・建物内の人質を攻撃側の侵入から守る。攻撃側の全滅か防衛側のプレイヤーが全滅せず、制限時間終了までに人質が攻撃側の手に渡っていなければ勝利。

人質がプレイヤーの攻撃によって死亡した場合、死亡させたプレイヤーのチームが敗北(1ラウンド)する。・爆弾

建物内に設置された爆弾を巡ったゲームモード。攻撃側・・・・・・防衛側の全滅、又は設置されている2つの爆弾のいずれか片方を攻撃側に与えられた爆弾解除デバイスのディフューザーを使用して解除する。ディフューザーの起動後は攻撃プレイヤーが全滅してもディフューザーが停止されずに爆弾を解除できればクリアとなる。防衛側・・・・・・設置された爆弾を解除しに侵入してくる攻撃側から守ることが目的。攻撃側の全滅、ディフューザーが起動せずに制限時間終了する、起動されたディフューザーを停止させる事でクリア。

ディフューザーの位置が両陣営にとって重要なポイントであるため、分隊行動が望まれる。エリア確保

建物内のエリアを巡ったゲームモード。攻撃側・・・・・・建物内に指定されたエリア(部屋)を見つけて、そのエリアで一定時間常駐して確保することが目的。防衛側・・・・・・建物内の指定されたエリアを攻撃側に確保されずに制限時間終了を迎える事でクリア。

指定エリアにそれぞれの陣営のプレイヤーが存在する場合、ゲージが止まる。ウィキペディア

-レインボーシックスシージ

© 2020 R6SNET Powered by AFFINGER5